新刊のご案内

図書館パートナーズ代表の北村志麻による「図書館員のためのイベント実践講座」が11月1日、樹村房より発行となりました。

■本書の特徴
 図書館のイベントについて「はじめて企画する」「業務の効率化を図りたい」「PRに活用したい」図書館員へ向けて,現場ですぐに使えるノウハウを紹介。企画・運営における留意点やリスク等についても解説しています。
 各館種の図書館でも応用・アレンジができるよう,豊富な実践例をもとに,アイデア発想法や集客方法等にも言及。巻末には「イベントに関するQ&A」を収録しています。
 新しくイベントを開催するとき,アイデアに煮詰まったとき,現状の打開策が欲しいときに開いて欲しい,イベントづくりの「コツ」をまとめた入門書です。

■主な内容
1 プロフェッショナルなボランティア集団?!:墨田区の年間60イベント事例
2 新規顧客なければ未来なし:イベントで顧客開拓
3 図書館員の地位向上のために:スキルアップでの生き残り戦略
4 全国の先進的イベント事例:驚いてはいられない
5 図書館先進国アメリカ:ニューヨーク公共図書館のイベント事情と事例
6 イベントアイデア発想法:発案から企画化まで
7 来てもらわなければ意味がない:集客方法あれこれ
8 いよいよ実施! でもそれで終わりじゃない:イベント本番とその後
9 イベント運営の裏側実況中継:リアルな企画運営の内側
10 企画を通じたコミュニティの生成:単なるイベントにあらず
11 組織としてのイベント実施力:チームワーク強化のために
12 イベント実施に必須の協働:自前主義にこだわらない
13 業務効率化を追求しよう:やっぱり楽に開催したい!
14 もっと素晴らしい企画ができる!:さらなる発展
付録 イベントに関するQ&A

■著者プロフィール
北村志麻(きたむら・しま)
「図書館パートナーズ」代表
獨協大学外国語学部フランス語学科卒。英会話スクールNOVA,証券会社,信用調査会社等に勤務。会社を通した社会貢献から,直接の社会貢献に目覚め,2012年より墨田区立ひきふね図書館において,イベント実施ボランティアを開始。2015年独立後,ファシリテーション技術を図書館向けに設計している「ライブラリー・ファシリテーター認定講座」の自主開催,各自治体・企業・大学・研究会等での研修受託
〈主著〉
『マイクロ・ライブラリー:人とまちをつなぐ小さな図書館』学芸出版社(共著)
「進む!市民参加」『地方自治職員研修』2015,vol.48,no.8,p.49-51.
〈研修実績〉
埼玉県立図書館研修,丸善雄松堂株式会社・株式会社紀伊國屋書店・株式会社ヴィアックス社内研修,桐蔭横浜大学・芝浦工業大学・玉川大学,日本図書館協会研修等
 ・一般社団法人Read For Action協会認定リーディング・ファシリテーター
 ・墨田区図書館運営協議会委員
 ・墨田区ひきふね図書館パートナーズ

■出版情報
書   名:図書館員のためのイベント実践講座
価   格:本体1,500円+税
発 行 日:2017年11月1日刊行
著 者 名:北村 志麻
ISBN :978-4-88367-286-8
頁・大きさ:119頁・A5判
出 版 社:樹村房


https://goo.gl/zhDBd6

PAGE TOP